住信SBIネット銀行とカードローン

住信SBIネット銀行のATMの利用や手数料など

投稿日:

キャッシュカードについて

住信SBIネット銀行のキャッシュカードについてここでは少し触れたいと思います。

キャッシュカードの発行にかかる費用は初回は無料です。しかし紛失や盗難による場合の再発行は有料となっており、再発行手数料2,100円(税込)が必要となります。

利用可能なATMはセブン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、イーネットATM、ローソンのATM、JR東日本のATMで利用可能です。メガバンク系での引き出しは難しいのが現状だが、コンビニでも下ろせるし、流通大手の商業施設で下ろせることも心強いです。

1日のあたりの引き出し限度額は0円以上200万以下となっており。多額の振り込め詐欺などへも多少考慮しています。しかしメガバンク系が数十万単位での振込を制限していることを考えると、セキュリティ面ではやや心細いかもしれません。

なお一ヶ月の引き出し限度額は上限1000万以下となっています。 認証番号表は、WEBサイトやモバイルサイト、テレフォンバンキングの取引の際に、本人確認のために入力するものです。振込などに必要なるので、個人できちんと管理しておきましょう。いうまでもなく忘れてしまえば再発行などに少し時間をようするので厄介です。

キャッシュカードを持つということは、それだけ預金にすぐ手が届くことを意味しています。従ってついついおろしやすくなるのが欠点です。ネットバンクでもそれは例外ではありません。ただ残高照会もすぐにいつでも見ることができるので、自分でしっかりとやりくりをしながら利用するようにしましょう。

住信SBIネット銀行のキャッシュカードではなくローンカードはMRカードローン(ミスターカードローン)になります。

各種手数料

ここではキャッシュカードを使ってATMで現金をおろす際にかかる、手数料を紹介します。

まずセブン銀行だが、預け入れ、引き出し、残高照会、ネットローンの借入と返済もすべて手数料はかかりません。続いてゆうちょ銀行。預け入れはセブン銀行と同じく0円。しかし引き出しは月5回までが無料で6回目以降は1回あたりに税込105円の手数料がかかります。

残高照会は0円です。なおネットローンに関する取引はゆうちょ銀行での取扱いはありません。イーネットとローソンATMは同じ条件だ。預け入れが0円。引き出しはゆうちょ銀行と同じく、月5回までが無料で、6回目以降に税込み105円の手数料がかかります。ネットローンによる借入や返済は0円です。

最後がJR東日本のビューアルッテ。こちらは預け入れの取扱いはありません。しかし引き出しはセブン銀行と同じく0円。回数制限はない。残高照会も0円です。なおネットローンによる取扱いはありません。 これでわかるように回数制限があるATMもあれ、基本はATM手数料が0円というのが大きな魅力であることには違いありません。

なかでもセブン銀行との相性は抜群です。 なお法人に関する手数料は、預け入れは105円の税込み。引き出しも同じく105円の税込みです。残高照会はもちろん無料。 個人に関してだが、提携しているATMでは基本的に手数料がかかりません。これは住信SBIネット銀行の大きな魅力といえるでしょう。

そしてできればイトーヨーカドーやセブンイレブン、アリオなどセブン系の商業施設が近所にあれば尚心強いです。

ATM

ここでは住信SBIネット銀行の提携するATMのある生活をイメージしてみます。

すでに説明したように、住信SBIネット銀行の強いATMはセブンアンドアイホールディング系列の商業施設であることがわかります。

それでは改めてセブンアンドアイの展開する店舗ブランドを紹介しましょう。まずはコンビニ事業でご存知セブンイレブン。そして総合スーパーのイトーヨーカドー。これらは老舗といっても過言ではありません、流通業界の重鎮です。そして今では百貨店のそごう・西武も傘下にあります。百貨店業界の不調はもはや長年続く日本の課題です。

その他、関東ではなじみぶかいヨークベニマル、ヨークマートなどがある。飲食ではデニーズもこのグループです。 このように私たちの暮らしになくてはならないスーパーを展開する、セブンアンドアイの商業施設で利用できるのが大きな利点です。

ここでは紹介していない、イトーヨーカドーなどを核店舗にしたアリオもそうです。家族で週末はショッピングセンターをぶらぶらして過ごす人も多いはず。そして帰りにイトーヨーカドーで買い物をして、帰る。そのなかにあるATMです。非常に便利にお金をおろすことができるのは、こういった流通企業との提携ならではでしょう。

他にもJR東日本系との結びつきなど、関東地場の企業との連携が特長のひとつです。イトーヨーカドーも今でこそ関西に展開しているが、もとは関東のイメージが強いです。それもありなかなか関西でのイメージもあまり高くありません。しかしネットバンクとしてはこういうローカル格差もなくしていくのが重要でしょう。

注意事項

ATMを利用する際の注意事項について説明しましょう。他行から住信SBIネット銀行へ振り込む場合。振込の手段に関わらず振込や引き出しなどを行った場合で、当日扱いの処理にされるとその日中に残高へ反映されます。反映が翌日以降になるのは、平日の15時以降と、土日の週末に祝日、大晦日など年末年始の手続きです。

この間に手続きをした場合は、当該期間の翌日の営業日に入金が完了し、残高へ反映されます。 また現在では、相互の名義を明記する統合ATMへの加盟を行っていないために、振込先の口座名義人が表示されません。

他に基本的な注意事項を説明する。アナウンスもあると思うが、ATMでは後ろに人がいないかを、充分に注意する必要があります。逆に自分自身も人がATMで手続きをしているときは真後ろには立たない心遣いが必要です。

ましてや住信SBIネット銀行の場合、提携しているATMはショッピングセンターやコンビニエンスストアなど、混雑している場所にあります。防犯上、やはりそういったところには気をつけたいところです。

まだキャッシュカードの紛失も同様に注意したいところです。ATMやキャッシュカードは気軽にお金がおろせる分、管理もおろそかになりがちです。

ましてやネットバンクともなると実態がつかめない分、いざトラブルがあったというときに駆け込める窓口もありません。ネットというだけでついつい認識があまくなるが、自分の大事なお金を預けているということは忘れないでいたいですね

-住信SBIネット銀行とカードローン

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.