絶対貯める簡単な貯蓄管理方法

計画的に貯蓄をしよう!と決めても、なかなか継続できないことってありませんか?

その大半の原因は、貯蓄の目的や方法にあります。

貯蓄先の口座のお金を動かしやすい
貯蓄金額を決めていない
できたらやろう

等、目的が曖昧だったり、意思によって左右されることもしばしば。
かと言って、強制的に貯蓄される商品だけに頼ってしまうのも流動性が落ちたりと、モノに依存するリスクもやはり存在します。

そこで覚えておきたい貯蓄方法が「先取目的別口座振分法」。
個人的に名乗っている手法ですが、先取り法という有名な手法に目的別口座を加えてあげるだけで、貯蓄継続の確実性を格段に上げることができます。

具体的には、

1.準備
まずは下記の3つの口座を用意しましょう。

①収入支出口座
②赤字補填口座
③貯蓄口座

口座に目的を与えることで、お金に意味が生まれ用途も明確になります。

2.収入と支出に使う口座を1つにまとめる
収入源が複数ある方でも、収入が入る口座と生活等に使う口座、クレジットや口座振替に使われる口座を全て1つにまとめます。
シンプルにすることで、管理が容易になりますから、継続も容易になります。

3.貯蓄額を決める
まず、毎月の貯蓄額を決め、その内訳として、必ず貯める金額と万が一の時は使っても良い金額にわけます。
例えば、全部で5万円貯める場合、内訳として3万円は是が非でも貯め、2万円は結婚式等一時的に赤字になる月には使っても良い、というお金とします。

前者を③口座へ、後者を②口座へ移動するお金と決めます。

4.決められた日に口座移動を行う
通常は給料日等の収入が集中する日になりますが、収入源が複数ある方は自分のルールとして日付を決めると良いでしょう。
その決めた日に、必ず①口座からそれぞれ②口座と③口座へ移動します。

5.残ったお金でやり繰りする
あとは、①口座に残ったお金で1ヶ月のやり繰りをします。
やり繰りには簡単でも家計簿をつけ、口座の残高が確認できるようにすれば、貯蓄を継続できる可能性を格段に上げることができます。
また、①口座に更に残ったお金は、②口座に移すようにします。

これを3ヶ月継続できると習慣化されてきますので、あとは貯蓄したい金額に向けて突き進むだけですね。

私の経験上、意外と赤字月補填口座のお金が想像以上に貯まってきますよ。

 

 

 

銀行ローン

お金のことが気になるのなら、銀行ローンについて調べてみるとよいです。消費者金融や信販会社などでもローンやキャッシングは可能ですが、やはり銀行ローンは安心感があります。

銀行ローンについては審査が厳しいという面もありますが、金利の安さや安心感などを考えると、可能であれば銀行ローンを利用したいものです。

銀行ローンについて検討するときには、目的別のローンがあるかどうかをまずはチェックするとよいです。自動車ローンや住宅ローン、教育ローンや学資ローンなど目的に合わせて利用できるものもあれば、フリーローンが低金利で利用できるものあります。

自分が審査を通るかどうか、金利が安いか、無理のない返済方法がとれるか、などを考えて、自分に合ったローンを選んで利用するとよいです。

目的が特別決まっているわけではないが借り入れをしたいときに利用できるのが銀行カードローンです。カードローンの場合は、利用目的は自由に決めることができます。個人の信用に従って上限の額を決め、その範囲内であれば、借りたり返したりを繰り返して利用することができます。

銀行カードローンは利便性が高く、使いやすいです。最近はコンビニのATMでも借り入れや返済が可能になってきていますから、便利に使うことができます。金利の設定が低いのも魅力です。

銀行カードローンも借金ですから計画的に利用することが大切です。利便性がよいので使いやすいですが、借金であることに変わりはありませんから、利用するときには注意が必要です。

計画的に利用する分にはお得に利用することができます。繰り上げ返済という方法もとることが出来ます。お金が用意できた時点で繰り上げて返済しておけば、利息を減らす効果を得られます。

返済に充てたために、また借りなければいけなくなるのは本末転倒です。自分の都合のよい範囲内で返済することが大切です。便利に使うことができる銀行カードローンは、いざというときのために、事前に用意しておくのもお勧めです。

 

銀行のフリーローンと低い利率と注意点

銀行のフリーローンと言えば低い利率で知られていますが、だからこそ注意が必要な点も挙げられます。利率が低いがゆえについ借り過ぎてしまう、返済計画が曖昧なままにサービスを利用してしまう方が少なくないのです。

銀行のフリーローンは他のローンと比べて審査も甘いので、そのこともまた、無計画な利用を助長してしまうのかもしれません。返済の見込みがないままに、例えば、生活費をローンに頼るようなことは控えてください。用途が自由だとは言っても、フリーローンは本来、急にお金が必要になった場合の臨時措置として利用するためのものです。

もちろん、低い利率や審査が通りやすいという点は、そのままフリーローンの利点としても捉えることができます。だからこそ利用する方が多いのも事実です。要は利用者の姿勢の問題であり、サービス自体に問題があるわけではありません。事実、消費者金融のキャッシングサービスとは異なり、違法な金利による貸付も行われていませんし、安全性には定評があります。特に短期の利用について言えば、金融サービスとして使い勝手の良い点がたくさんあります(収入の多寡に関わらず利用できる点、サービスの信頼性の高さなど)。

 

 

 

新生銀行レイク

アコムやアイフル、モビット等はCMでも有名で誰もが知っているカードローンですが、これらは消費者金融カードローンになります。同じくCMでの知名度も高いカードローンにはレイクがありますが、これも同じ消費者金融カードローンと思われがちですが、実はこれは新生銀行が発行しているカードローンで、銀行カードローンなのです。金利は4.5%~18.0%、融資限度額は500万円となります。

新生銀行レイクのオススメポイントとしては2つの無利息ローンがあるということです。新生銀行レイクを初めて利用した人に限りますが、借入額の5万円までなら180日間無利息、というタイプと借入全額30日間無利息、というものです。もし、次の給料日に全て完済するつもり、30日以内に返済するつもりの人であれば、いくら借りても利息が発生しません。例えば100万円融資してもらえば、最初の30日間の利息は14,794円(18.0%の場合)かかりますが、それがゼロ円なるのです。もし、1ヶ月で返済できないという方は180日間無利息がいいでしょう。5万円以上の借入でも5万円分は無利息になるので、4,438円の利息が無料になります。

また、銀行でお金を借りたいと思うのは、何も男性だけではありません。女性もお金が必要になる時もあります。借入する理由は問いませんが、それでも理由によっては、女性は申し込みをするのも恥ずかしい場合もあります。たとえば、子供を堕胎するための費用、整形のための費用など男性にはわからないものもあります。ですが新生銀行レイクでは全てのスタッフが女性というレディースレイクがあります。同じ女性同士ですので恥ずかしさはア和らぐことでしょう。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは業界最低水準となる年利3.0%~17.8%というのが特徴です。もちろん、全ての人が3.0%の低金利で借り入れできるわけではありませんが、それでも少しでも低金利なのは嬉しいものです。しかも融資限度額は800万円と、銀行カードローンの中でもトップレベルの融資額を誇ります。そのため、個人事業主の方にも非常にオススメです。800万円の融資限度額になれな、金利は3.0%の可能性もあります。なかなか銀行でも貸ししぶりもしていますし、3.0%の低金利で借りられる商品も少ないものです。ましてや銀行カードローンは担保や保証人も不要ですから、他人に迷惑をかけたくない、担保になる物件もないという方には皿にオススメです。また、毎月の返済額も7,000円から(30万円以下の場合)というのも返済しやすいでしょう。

オリックス銀行カードローンのオススメポイントとしては、ATMでの借り入れができることはもちろんのことパソコンや携帯電話、もしくは電話で借入をして指定の口座に振り込みができるという点です。その振込先がジャパンネット銀行あてであれば手続と共に口座に即振り込まれます。またその他の銀行あてでも平日15:00までの手続ならば即時振込、平日8:40までの手続ならその日の9:00~10:00までに振り込みされます。それ以外の場合は翌営業日となります。もし、公共料金の引き落としや保険などの引き落とし日を忘れていて、通帳に残高がなかったとしても、出先で携帯電話やスマホで手続することもできるのです。

更新日:

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.