ローン審査 ローン金利/ローン計算 ローン返済シミュレーション

ローンいろいろとローン会社

投稿日:

ローンいろいろとローン会社

ローン会社や銀行がローンを提供するのは消費者側で必要と思われる形で資金を提供するというところに意義があります。また銀行側にとっては人々のニーズにあわせたローン商品を提供することによってローンの利用が進みりざやを稼ぐことができます。ローンは銀行にとっても利用する側にとってもウィンウィンの関係です。ローンと一言にいっても様々なローン会社があります。

事業が対象となる事業者向けの様々なローン。そして個人が対象の個人向けローン。クレジット会社などの個人向け融資はキャッシングと呼ばれています。ローンは借りた方はそのローンに設定された金利を含めて返済義務があります。ローンを貸した銀行やクレジット会社は債権者と呼ばれ弁済が行き詰まった場合、担保を設定していた有担保ローンであれば弁済の代わりにその有担保を保有することができます。

有担保ローンに対し無担保ローンというのがありますが、個人に対するローンは無担保になっているものが多いです。また無担保ローンは有担保ローンに比べ金利が高いのも特徴的です。しかし使途が明確で限定されており、なおかつ社会的に必要とされるような例えば住宅ローンやマイカーローン、教育ローンといわれる類いのものは使途が限定されないカードローン(ローン会社一覧)と比較して金利はぐっと抑えられています。銀行は民間企業で慈善事業ではないといわれながらもこのような商品を提供するのは公共性が高いためなのです。

事業性資金というのはやはり個人は利用できないもので事業者のための資金となります。事業資金の融資を受けるためには銀行が融資をしてもいいと判断できる収益性を計画にして示さなければなりません。銀行は皆様から預かった預金を何千万、何億円と貸し付けるのですから事業者に貸し出して貸し倒れが続けば銀行本体が危うくなり預金者に預金を返せなくなるという最悪の事態は避けなければなりません。ですから事業資金は確固たる収益計画を出したものにしか融資されないというわけです。

 

 

メリット

可能性を広げるローンのメリット

銀行からローンをするメリットはどこにあるでしょう。例えばご子息が大学受験に合格したとします。しかしご子息を大学に通わせるに充分な貯金がない場合、あなたなら諦めてくれとご子息に言われますか。あんなに試験勉強を頑張ったのに。一度に100万を用意することはできなくとも4年で100万円を用意することができる人は沢山いるのではないでしょうか。

そうでしたら是非ローンを使ってご子息を大学に通わせてやってください。人の家庭のことに口を出すべきではないのだと思います。しかし、大学にいったかどうかで就職先が随分広がることは間違いありません。例えばご子息が将来なりたいものが漠然としている場合であれば尚更です。大学生活で色んなことを体験していくうちに何かやりたいものが見つかるかもしれません。就きたい職業が見つかるかもしれません。

大学は中学高校と違って自主性が重んじられます。子供たちは初めて自分のとりたい授業を自分で選択し、自分で授業プログラムを組みます。高校までは学校からこのプログラムで進みますと決めつけられた授業プログラムにそって進むのでこれは海外で暮らしたことがある子供以外、はじめての経験なはずです。

教育ローンは最長で10年返済とか銀行によって違います。最長で返済シュミレーションを組んでも何の問題もありません。お子さんの可能性を伸ばす、お子さんの進む間口を出来るだけ広くしておくという意味でも無理のないローンを組んでみてください

商売のチャンスを活かすのがローンのメリット

ローンのメリットをもしローンがなかった場合を想定して考えてみましょう。あなたが経営者だとします。しかし会社を設立したばかりで取引先も少なく、自己資金もあまりありません。しかし海外でばかうれし、いずれ日本でも売れるだろう商品があるとしましょう。

それを輸入する権利を得るためにはまず500万円、手付金として必要です。しかし500万円、自己資金で用意することができません。有名なハイテク関係の会社がタブレットに代わるもっと使い勝手のいいwi-fiに変わるラジオ電波を使って通信ができる画期的な商品です。Wi-fiは有線に比べ格段に通信できる範囲が広がり通信において革命を起こしました。

しかしwi-fiがないところでは利用できないと欠点があります。このラジオ波を通信のための電波に変換できるタブレットよりも便利なこの携帯jobと呼ばれるこの機器。そしてラジオ波を携帯jobの発信や受信電波に変換できるシステム。ラジオの電波が届かないところはほぼないといってもいいです。携帯やタブレットを所持する人が通信会社を選ぶ基準として電波の届く範囲がありますのでこれは本当に画期的なのです。

500万円の権利は安い。でも自己資金では用意できない。こんな時ローンを利用するのです。ローンを利用して商売のチャンスをしっかり掴む、これがとても大事です。資金がたまるのを待っていては商売はできませんから、ローンのメリットはこんなところにも挙げられるでしょう。

-ローン審査 ローン金利/ローン計算 ローン返済シミュレーション

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.