ローン審査 ローン金利/ローン計算 ローン返済シミュレーション

ローン会社の効果的な活用 10トピック

投稿日:

銀行との新規取引でローンの重要ポイント

もしあなたが事業を起こそうと考えていて、それに伴う資金を銀行から借入ようとしているのであれば、その借入をしようとする銀行と取引があってあなたの事をよく知っている人を探しましょう。そして信用できる人がみつかりましたら事業を起こそうとしていること、それに対して資金が必要でできれば銀行からローンとして借入したいということを告げましょう。彼が何というかわかりません。しかし、あなたが直接銀行に事業について説明し、事業資金をローンとして借入したいとお願いにいくことは避けた方がいいと思います。残念ながら日本の銀行は体質が古いところがあります。しかしそれは逆に信用がある人からあなたが紹介されたという時点で銀行と全く面識も取引もなかったあなたが信用がある人ということにもなるのです。あなたの事をよく知っており、銀行とも取引がある人が紹介してくれたということは銀行側はあなたの事を直接あなたが新規事業について提案したよりも何百倍も信用がついた人と考えるでしょう。銀行とはそういうところです。それとローンを借入できるかどうかとはまた別問題ですが、銀行にとって信用があるかどうかということは銀行と付き合っていく上でもとても重要なものです。信用とは残念ながらお金で買う事ができず、目に見えるものでもありません。信用というものは色んな事をその相手と行なうことによって少しづつ積み重ねていくことによってしか得られないものです。その信用をローンを借入したい銀行から得られれば事業資金が一度で借り入れることができなくとも融資担当者からどこが問題なのかとか教えてもらうことができ、事業資金の借入にぐっと近づくでしょう。

TPOで見る新規ローンの借入のポイント

あなたがもし銀行のローンの融資担当者だったら融資の申し込みに来た人の何に着目されますか。それがもし、その銀行にいらっしゃるのが初めての人だったら特に何を気にしますか。まず身なりに注目すると思います。もし起業しようと思っている、それもインターネット関連の企業と仰られる方がいらっしゃいました。その方は新規であるにも関わらずなんと無精髭にジーパンにティーシャツでローンの申し込みに来られたのです。確かにインターネット業界は今まで存在していた業種に比べカジュアルな服装で大丈夫なのかもしれません。無精髭も何も支障はないのでしょう。しかし新規のローンの申し込みであるのに対しあまりにもカジュアルすぎる服装で来られたらあなたは第一印象としてどのように移りますか。その隣で従来からお取り引きのある年配の社長さんがスーツでびしっと決めていらっしゃる。少なくとも新規で借入にくるのであればスーツで銀行にお願いにいくのが当たり前だと思います。TPOをわきまえない人間は社会でも上手くやっていけないことは銀行側はよく知っています。今までにもそんな人たちを多くみてきました。ですから新規の事業ローンの申し込みの際はいくら服装自由な業種であってもスーツで行くべきです。仮にも人様にお金を借りにいくのです。自分はこういった人間である、信頼して頂ける人間であるので是非ともお金を貸して欲しい、このくらい気構えでいかなければ新規事業にローンを融資する銀行など存在しないでしょうから、びしっとスーツで参りましょう。
ローンを組む前に相談してみましょう

ローンを利用できるのは、銀行以外にも信販会社や消費者金融等、様々あります。目的によって利用するローンは異なりますが、どこの会社を選ぶかは迷うところでしょう。どれを見ても色々なメリットがあり、自分にとってどれがふさわしいのか悩みますね。そんな時は、各会社に相談するのも良いと思います。相談窓口があるところもありますので、相談してみてはいかがでしょうか。電話での相談を受け付けているところもありますし、最近では、インターネットで相談できるところもあります。どんなローンであっても、よく理解して、納得してから利用することが重要です。分からないこと等、何でもきいてみて下さい。又、中にはシミュレーションのサービスが、あるところもあります。自分がどのくらい借り入れることが可能なのか、月々の返済額についてシミュレーションできます。様々なプランがある中で、どれが自分にとって良いか想像することができますね。現実に近づけるのではないでしょうか。イメージしやすいと思うので、お勧めです。ローンはよく考え、返済計画を立てて利用すれば、とても便利なものです。上手に賢く使って、生活をもっと素敵なものにもできるでしょう。しかし、考えずに利用することは、とても危険です。慎重に利用しなければ、後で後悔することにもなりかねません。それは、どんなローンについても同じことが言えます。又、必ず信用できる会社と、契約することも忘れてはいけません。ローンを利用する心構えです。

お手軽ローンの落とし穴

ローンをする際あなたは何に気をつけていますか。ローンをする金額ですか。返済できるかどうかですか。それともローンをどこの銀行からしようか。消費者金融からしようかといった感じのことですか。それらはローンをする際のとても重要なポイントです。しかし付け加えて頂きたいポイントがもう1つあります。それは本当にそのローンが必要なのかどうかということです。近年、ローンがしやすい商品がでています。個人のローンというのは以前は消費者金融さんの商品みたいなところがありました。しかし今は似たような内容の商品を多くの銀行が扱っています。それも以前は銀行に足を運んで融資担当者と面談してそれで審査を受けて審査に通ったらようやくお金を借りることができました。しかし今は申し込みはインターネットでできて必要要件も書き込んでその審査の返事も即日メールでやってくる時代です。そしてローンしようとする銀行の口座を持っていなくても近くのコンビニのATMでお手軽にできてしまう時代です。これはおそらくものすごく便利なことです。ありがたいことです。忙しい現代人にマッチしたサービスなのでしょう。銀行もバブルが弾けて優良な融資先を見つけるのが以前よりずっとずっと大変になってきているので個人ローンに参戦してきたのだと推測がつきます。しかし便利なことには落とし穴が多いことも我々は気づいているはずです。銀行から借入をしたといっても直接銀行にいったわけでなくネットで申し込みコンビニで借りてなので人によっては銀行から借りたという意識が薄くなってしまいます。こうなってくると本当に必要なものかどうかを吟味して借りていたのがお手軽でちょっとお金に困ったから借りたという感覚は

キャッシングとカードローン

ローンを利用しようとお考えなら、よく考え契約しましょう。どんなローンについても同様です。ローンを利用できるのは、銀行の他にも、消費者金融やクレジット会社等多数あります。どの会社のものを利用するにしても、必ず審査があります。会社によって審査の内容は異なり、条件も違います。又、どんなローンを希望しているのかによっても違います。ローンとは、月々お金を返済することなので、当然収入がなければ利用はできません。又、ほとんどの場合、20歳以上でなければ利用はできません。様々あるローンの中で、カードローンを利用したいとお考えの方は、少なくないですね。使い道が自由であり、いつでも利用できることから多くの方に人気があります。又、キャッシングというものもありますが、どこが違うのかご存知ですか。借り入れたお金を、自由に使えるところが似ているので、その違いが分かりにくいかもしれません。異なるのは、その返済方法です。キャッシングを利用した場合、翌月に一括で返済します。カードローンは、借入れたお金は、リボ払いで返済できます。ですから、どちらが自分にとって良い方法なのかも、注意して決める必要があります。しかし、キャッシングであっても、月々返済ができるものが最近はあります。又、中にはキャッシングについても、カードローンと呼んでいる金融機関もあります。ですから、利用する場合は、内容をよく確かめる必要があります。気を付けて下さいね。

返済可能なローンを

銀行でも消費者金融でもローンで借り入れようと思っている場合とても大切な重要ポイントがあります。それは当然のことといえば当然なのですが、無理のない返済ができる範囲で借入をする必要があるということです。小さい頃に言われましたよね。人のものを借りたならちゃんと返す事と、誰もが親や学校で教わったはずです。なぜこんなことを申しますとかいいますと、近年複数の借入による自己破産が多くなりすぎ、貸金法では総量規制という法律が導入されました。以前はこのような法律はございませんでした。法律が制定されるにはそれなりの背景がございます。複数の借入からローンするだけローンを借り入れて返せなくなったあげく、自己破産をする人が年々増加していることが関係しています。ローンを出来る限りローンをしてもローンをしている事を全く気にしない人たちというのが残念ながらいます。彼らはお金を借りるのを何とも思っていない傾向にありますので借りれるところからかり返済など気にしません。こんな人たちが増えてしまったためにこの総量規制と言う法律が制定されてしまった一因があります。ですからローンの重要ポイントとして最も大切なことはローンをしたら必ず返すということを念頭におきましょう。そして色んな場合を想定して返済シュミレーションを組んでみる事がとても大切です。なぜなら経済状況は現在のままであるとは誰もいえません。公務員でもない限りいつ給与カットを勤め先から宣告されるかもわかならいのが今の世の中なのです。

充実ローンの効果

ローンは自己実現のために最も有効な手段であり、達成時間を大幅に縮める効果があるといってもいいでしょう。これは住宅を建てることを考えるとわかりやすいと思います。住宅というのは土地と建物を用意しなければならず、数万円という小額の資金で取得できるものではありません。地方都市であっても数千万円は必要でしょうし、首都圏であれば億単位のお金が必要になることもあります。しかしそれを家を建てたいと思ったと同時に、家が必要だと感じたのと同時に現金で用意できる人はそんなにいません。でしたら、毎月10万円づつ積み立てていって30年後には3600万円貯まるからそうしてから家を建てようと考える人はそうそういないでしょう。家が欲しいと思ったのはそれなりの理由があるからで、家が必要だと感じたのもそれなりの理由があるからです。その理由が30年後も今と同じ理由であるとは思いません。それでは家を建てるにはどのようにしたらいいのでしょうか。ここで必要となってくるのがローンです。どうしても今、家が必要であるから住宅ローンを借り入れることによって土地を購入し、家を建築する。それによって家族がよりよい暮らしができる。充分な教育ができる。子供たちを伸び伸び育てることができるといった充実した生活を送ることができます。子供たちはいずれ成長して独り立ちします。30年後はおそらく家庭を持ち、あなたにとって孫が産まれているかもしれません。

時間とローンの効果

ローンの効果はずばり、お金がなくて諦めていたことをローンをすることによって実現するということです。マイカーローンも同じことです。一度に150万円というお金をぽーんと用意するのは難しいです。しかし銀行からローンをすることによって車を購入することができます。そのお陰で地方都市の人たちは公共交通機関が発達していなくとも会社に通うことができます。またローンによって車を手にしたことで日本全国どこへでもいくことができます。自分が運転できれば24時間どこへでもいくことができるという自由と手段を手に入れることができたのです、車をローンで購入したことによって、彼女とドライブデートに行く事ができます。ゴールデンウィークに家族で旅行に行く事ができます。お盆やお正月に子供をつれていても周囲に迷惑をかけないようにと気にせず帰省できるのもローンで車を購入したお陰です。そして無理のない返済シュミレーションによって毎月金利分もあわせて銀行へ返済していきます。これが車を購入するために毎月5万円づつ積み立てたとします。1年で60万、2年で120万円、2年と6ヶ月でようやく150万貯まります。こうやって積み立てて車を購入すれば金利もかかりません。しかし、この2年半の間のドライブも帰省も公共交通機関を利用しなければならないし何かと不便です。それに子供の成長や同じ時は二度とありません。こう考えるとローンの効果はお金が貯まるまでの時間をも有効に使うことができるといえるのではないでしょうか。

低金利ローンの効果

低金利ローンにはどのような効果があるのでしょうか。低金利ローンは大抵無担保でありながらカードローンよりもぐっと金利が低いのがとても魅力的です。低金利ローンはしかし事業性のローンには使用できないのと見積もりがとれない家賃や食費などには利用できません。その点はカードローンに頼るのがいいですね。低金利ローンがおすすめなのは、若い人たちがお金がないけど両親に頼らず自立していこうと言う人たちの応援ローンのように使えることです。低金利ローンは少年よ大志を抱けのように世界中を見て回りたい、年を取る前に世界各地の文化に触れていろんな価値観を体験したいなどという旅費にも使えるのですよ。ご存知でしたか。旅行会社には積み立てというものはありますが、車会社や中古社会社のようにディーラーローンというものが残念ながらありません。ですから資金がなくとも世界中を見て回りたいという人にはとてもおすすめしたいローンです。また若い2人がこれから自分たちでやっていくのだから親孝行の意味でも自分たちの力で結婚式や披露宴を行いたいという場合も低金利ローンがとてもおすすめです。無担保でありながらカードローンや他のローンと比較して金利も低いので無理のない返済計画を建てれば若い2人でも生活に支障なく返済できるからです。低金利ローンについてはご存知ない人が多いでしょう。これらのローンについてもっとたくさんの人に知って頂いて活用して頂きたいです。

カードローンの効果

カードローン、とても便利なローンです。事業資金以外であれば使途自由です。フリーローンのように見積もりを出さなくとも一定収入があり審査に通れば誰でも借りることができます。またこれは貸金業の総量規制の対象にもなっていないことから別に借り入れることができます。

カードローンの金利は4%〜15%前後です。50万円までの借入であれば所得証明が必要とされないこともあって借入金利が高めです。金利はリスクに相応していますのでそれは仕方ないでしょう。

カードローンがあることによってどのような効果があるでしょうか。カードローンの使い道として急な出費がよく挙げられます。急な出費といっても色々あります。冠婚葬祭でも訃報は本当に急です。忙しかったりすると現金が用意できないときがありますが、こんな時カードローンを契約していると便利です。人間関係が希薄になったといっても訃報についてはお世話になった人であればあるほど義理をかきたくないとの思いが普通の人であれば強いはずです。

こんな時に手元に現金がないばかりにお通夜などに出れなかったというのであればあの人あんなに世話になったのに意外と薄情な人だねと思われかねません。ですからこんな急な出費にカードローンはとても効果的であります。またよく挙げられます、口座振替です。口座振替は月末に設定されていることも多いです。月末は仕事をしていれば何かと忙しく、給料日前の人も多いので口座の現金が少なめです。そういう時にも振替金額が足りなければ自動貸し出しとなるカードローンは頼もしい味方です。

-ローン審査 ローン金利/ローン計算 ローン返済シミュレーション

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.