ローン審査 ローン金利/ローン計算 ローン返済シミュレーション

ローンの基礎知識 4トピック

投稿日:

カードローンとキャッシングはどう違う

様々存在するローン。中には、違いが分かりにくいものもありますね。お金の契約は、とても大切なものです。内容をよく理解して、納得の上、契約しなくてはならないものです。又、ローンを取り扱う業者もたくさんあります。銀行、消費者金融、信販会社等々です。それぞれに特徴もあるので、注意して決めた方が良いですね。良く利用されるローンの一つに、カードローンがあります。カードローンは、審査を受けて借り入れ可能金額を決めます。そして、この金額内であれば、何回でもお金を引き出して使うことができます。気になる返済方法ですが、ほとんどがリボ払いです。毎月決まった金額を、返済していく方法です。似たようなものに、キャッシングがありますね。キャッシングも多くの方が利用しています。キャッシングは、カードローンとは違い、翌月に一括で返済するものです。比較的小さな金額を、用意する為に使われています。しかしながら、現在ではこの二つにあまり違いがなくなってきています。カードローンで、小さな金額を借り入れることもできるようになってきています。又、キャッシングについても、月々返済するタイプが少なくありません。取り扱うところによっても、捉え方に違いも見られます。ですから、もし利用をお考えなら、よく内容を確認して、決めて欲しいと思います。そして、返済についてもしっかりと考えて決めて下さい。決して、安易に利用することがないようにしましょう。

家で借りれるローンと銀行参りが必要なローン

一言でローンといってもびっくりするほど色々な商品があるのをご存知でしたか。今は銀行の商品も消費者金融の商品も大差がないものも多く発売されています。

カードローンのようにどこの銀行も50万円までの借入なら家にいながら銀行のホームページから申請しそれで審査に通れば即融資するという商品もあります。家にいながら銀行に一度も顔を出さずに近くのコンビニのATMから融資を受けれる商品です。これは急な出費に備えてと消費者金融会社がはじめた商品でしたが、今はこの商品を取り扱っていない銀行はないといえるほどメジャーな商品になりました。

また銀行のカードローンは貸金業の総量規制の対象となりません。信販会社が保証人になっているところが多いのにとても不思議なところです。銀行系カードローンにはこの手のタイプが多いです。また昔ながら変わらず銀行に何度も足を運ばないと借り入れることができない商品もあります。それは融資してもらう金額が多くなればなるほど銀行との信頼関係が大切になってきます。

この辺は全く変わっていません。事業者性ローンなど最たるものでしょう。事業者性ローンはマイカーローンや住宅ローンの審査よりもずっとずっと審査項目が多岐にわたります。この経済情勢で会社も当てにならないからいっその事起業しようと考えられている方も多いのではないでしょうか。もし銀行から事業性ローンを借り入れようと思ったら、その借入しようとしている銀行となじみの経営者との信頼関係をまず作りましょう。

ローンの金利方式の特徴

ローンを組むと、返済額は金利によって違いが出てきます。色々なローンがあり、利用する方もたくさんいらっしゃると思います。ローンを組むことで、不可能が可能になることも少なくありませんね。上手に使って、より良い豊かな暮らしを送っている方が、少なくありません。

このように身近なローンですが、組む時には金利に注目して選んだ方が良いかもしれません。金利によって、返済額が変わってくるからです。一番気を付けて組むローンは、住宅ローンかもしれません。大きなお金を借り入れます。又、借入期間も長期に渡ることが多いです。ですから、金利の差が影響しやすいとも考えられます。

住宅ローンの金利方式は、選択できることが多いです。変動金利型、固定金利型。どちらも特徴のある金利方式です。又、他にも固定金利選択型という方式もあります。それぞれに特徴があり、どれを選ぶかによって、違いが出てきます。変動金利型は、金利が低下すれば、返済額が少なくなり、逆に、金利が上昇すれば、返済額も上がります。固定金利型なら、金利は最後まで変わることがありません。最後に述べた固定金利選択型は、一定期間固定金利を選べるというものです。

どの方式にも、良いところと良くない所があります。利用者が、全てを総合的に見て判断し選びます。確かに、変動金利方式が合う人と、固定金利型の方が良いと思われる人がいます。しかし、やはり最終的には、自分で決めなければなりません。しっかりと考えて、決めて頂きたいと思います。

インターネットを使ってローン選び

ローンを組む場合、一番気になるのは、もしかしたら金利かもしれません。誰でも、少しでも低金利で、ローンを利用したいと思うのではないでしょうか。

どんなローンを利用するかによっても、金利は違ってきます。又、どこの会社のものを利用するかでも、金利は違うものです。例えば、銀行を利用してローンを組む場合。数ある銀行のうち、あなたはどのようにして選びますか。何かとお世話になっているところを選ぶのも良いでしょう。又、金利に注目して選ぶのも、良い方法かもしれません。

今は、インターネットを利用すれば、色々な情報を得られます。各銀行等でも、取扱いローンの紹介や、お得な情報が、盛りだくさんであげられています。ローンを選ぶ場合、インターネットを利用して情報を集めるというのも、賢い方法だと思います。そして、インターネットは、こういった取扱い業者のサイトを見る為だけのものではありません。

実際、インターネットからの申し込みを、受け付けているところが多数あります。ですから、銀行の窓口になかなか足を運ぶことができない人も、インターネットを使って申し込みができます。毎日忙しくされている人たちに、喜ばれる方法ではないでしょうか。家に居ながら、空いている時間を使って、申し込みの検討をすることもできますね。勿論審査を通ることができなければ、利用は不可能です。

しかし、申し込むことができなければ、何も始まりません。インターネットを利用して、情報を集め、申し込みもできる。今はそんな時代です。

-ローン審査 ローン金利/ローン計算 ローン返済シミュレーション

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.