ローン審査 ローン金利/ローン計算 ローン返済シミュレーション

低金利のローン

投稿日:

銀行系のローンは、審査基準が厳しい反面、金利は安いと言われています。銀行からの直接の融資を受ける場合、申込書に記入し、使用用途を記載し、どのくらいの金額をいつまでに必要としているかということまで記載する必要があります。

 

例えば、教育ローンであれば、ちょうど11月ごろには志望する大学への推薦入学が決定している時期です。大学から送付された合格証と入学時までに納付しなければならない入学金や授業料などの金額がわかる書類などを申し込み時に必要です。

 

住宅ローンでは、土地を購入する契約書や住宅を建築するために必要な金額が明記されている契約書や見積書などです。不動産会社の手数料、登記するための司法書士への報酬額など雑費の概算まで提出する必要があります。車のローンでは、ディーラーとの契約書や車検を受けナンバーを交付されるまでの諸費用も含まれた請求書が必要です。

 

そして、多くの銀行では、ローンが通った段階で、大学、不動産会社、建築会社、ディーラーに直接振込みます。 消費者としては、経費はかかるものの、この方法が楽です。

 

しかし、家族が急病で病院へ入院した場合などは急を要します。 貯金があればいいのですが、ない場合は金融機関へ借り入れをしなければなりませんね。そんな要望のために、ネットで審査して早ければ2~3日で融資が受けられるフリーローンというカードローンがあります。来店不要、保証人も不要、担保も不要というものですが、早いだけに金利は高く設定されているようです。

 

特にネット銀行では、2.5%~18%という金利となっています。 18%という利率は、利息制限法の上限ギリギリのところです。   地方に密着した銀行の、東京スター銀行というところがありました。 ここでは、他の銀行の金利15.0%で融資を受けていた場合、7.8%~9.8%で借り替えが可能ということです。 100万円の融資を受けた場合、東京スター銀行に乗り換えると毎月の返済が5000円安くなるようです。ネット上での取引となるので、顔を確認しないで進んでしまい、不安という点も残ります。

-ローン審査 ローン金利/ローン計算 ローン返済シミュレーション

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.