ローン審査 ローン金利/ローン計算 ローン返済シミュレーション

住宅ローン 5トピック

投稿日:

住宅ローン

様々なローンが存在していて、目的に合わせて組むことができます。ローンは、大きな買い物をする時に、利用する人が多いです。すぐに思い付くのが、マイホームかもしれません。ご存じの通り、家を買うというのはとても大変なことです。覚悟が要りますね。たとえ小さな家を建てるにしても、多額の資金を準備しなくてはなりません。ですから、全額を一度に払える方は多くないでしょう。ローンを利用できれば、夢のマイホームを手に入れることができます。まずは頭金を貯めます。できるだけ多い方が、負担が少なくて済みますね。休日を利用して、家族でモデルルームを見学したり、展示場に足を運んだりする時間は、とても楽しいものです。子供たちを、広い家でのびのび育てたい。そんな風に、お考えのお父さんお母さんも少なくないですね。家を建てると決めてから、実際に建つまでの時間は、ワクワクドキドキです。お金を借りることやローンを組むことを、快く思わない人もいらっしゃいます。しかし、良いローンと思えるものと、そうではないローンがあるののではないでしょうか。幸せに繋がるローンは、良いローンだと思います。ギャンブルや贅沢な生活が目的なら、賛成できません。しかし、全てのローンを否定するのは、ちょっと違うような気がします。住宅ローンは、生きたお金の使い方ができるローンです。目的がしっかりとしていて、前向きなローンです。これからも、多くの方が利用していくのではないでしょうか。

住宅ローンとは

家を建てたいとお考えの方に、住宅ローンを紹介します。住宅ローンは、低金利でご利用頂けるローンです。家を建てたい夢を叶える為に、多くの人が利用しています。当然のことながら、家を購入する場合多額の資金が必要になります。一度に支払うことのできる人は、あまりいらっしゃいません。住宅ローンを利用できれば、毎月返済しながら家を購入することができます。利用するには、始めに用意されている審査を受けて結果を待ちます。そして、審査が通れば、住宅ローンの利用が認められます。ローンを返済しながら、日々の生活を送ることになります。又、住宅ローンは、長期に渡って返済することが多いです。その間には、お子さんにかかる教育費等、様々な出費も予想されるでしょう。ですから、良く考えて無理の無いしっかりとした返済計画を立てて下さい。住宅ローンの審査内容は、銀行によって違います。ですが、やはり大きなお金を借り入れることになるので、なかなか厳しいもののようです。ローンを組みたいと思っている方は、多いですが、実際利用できる人ばかりではないようです。例えば、年齢制限があります。満20歳以上、満70歳までとしているところが多いようです。そして、重要なのが、完済時の年齢制限です。やはり、銀行によって異なるのですが、満80歳としているところもあります。他にも、年収についての条件、勤続年数について等、条件にあげているところが多いです。又、保証会社の保証を受けられる人かどうかもポイントです。審査を無事に通り、素敵な家を購入できれば良いですね。

住宅ローンにできること

家を建てたいとお考えなら、住宅ローンを利用してみてはいかがでしょうか。一括で支払うだけの資金が無くても、住宅ローンを使えば、家を建てることは可能です。もちろん、利用するには、審査があり、様々な条件をクリアする必要があります。人によっては、難しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。残念ながら住宅ローンは、利用したい全ての方が使えるローンではありません。しかし、利用できればメリットの大きいローンだと思います。住宅ローンは、比較的金利の低いローンです。家を購入するには、多額の費用が要ります。少しでも金利が安い方がありがたいですね。取り扱う銀行によって、金利は様々です。又、利用内容も異なり、どの銀行のものが良いのか、探すのは腕の見せどころかもしれません。銀行によって特徴があります。中には特典があったり、キャンペーンを行っていたりと、色々工夫されているようです。使い道についても色々です。家の購入は勿論可能なのですが、宅地購入ができたり、改築や増築にも利用できるものもあります。ですから、今住んでいる古くなってきた家を、住みやすく変える為にも利用できるのです。昔の住宅は、段差が気になる造りのものも少なくありませんね。つまづくことはありませんか。バリアフリーにすれば、そんな危険を防げます。ここでも、住宅ローンを利用できるのです。いかがでしょうか。住宅ローンのメリットは、大きいのではないでしょうか。家を建てたい夢を、叶えられる住宅ローン。参考にしてみて下さい。

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンには色んな商品があります。住宅という買い物は一生に一度といわれるくらい高額なものです。そして支払い方法も人それぞれです。ですから色んな商品がありすぎて困ってしまうと仰られる方もいらっしゃいます。

しかし、住宅ローンを利用される方皆様に知っておいてほしい基礎知識がありますのでここで紹介いたします。家族ができれば家族で一緒に過ごす時間を大切にするためにマイホームがあるといいですよね。マイホームを手にするために全額100%住宅ローンというのを進めている会社もありますが、それはあまりおすすめではありません。購入しようと考える土地と建物あわせた購入金額の20%は頭金として用意しておくといいでしょう。

そして年間の支払い総額は年収の2割にとどめる必要があります。住宅ローンは早く払い終われば終わるほど金利もかかりません。しかしそういう無理は長くは続かないものです。住宅ローンは大抵数十年支払い続けるものです。ですから現在の収入の2割で見積もっておくことがとても大切です。

現在の収入より年収がさがればそれは2割ではなく3割になる可能性もあります。その時点で支払い計画を見直す必要があります。住宅ローンは支払い方法によっても総支払い金額が変わってきます。変動金利によって見直す商品もありますし、長期にわたって完済まで同じ金額を支払い続ける商品もあります。また商品によっては金利が有利になる商品もあるため借換た方が総支払い金額が圧縮されるものもあります。

住宅ローンの金利方式を選ぶこともあります

ローンを選ぶ場合、注意して欲しいのが金利です。金利とは、利子率の事です。お金を借り入れた場合、利息を付けてお返ししなければなりません。借り入れたお金に対して、何パーセントの利息があるのか。その割合を示すのが金利です。誰でも、返済額は少ない方が良いと思うでしょう。ですから、金利も低い方が得なのです。

どんなローンを利用するのかによっても、金利に違いがあります。又、どこの業者のローンを利用するかによっても、違いが出ます。特に、お金の契約はとても重要なものです。相談したり、資料を取り寄せる等して、慎重に決めて欲しいと思います。

住宅ローンを利用したいと考える時、固定金利型か変動金利型か選べる場合が多いです。自分の考え方によって、どちらが良いのか判断します。又、このどちらでもない、固定金利選択型というものもあります。この3つのどれかを、選ぶことができるところが増えているようです。

固定金利型は、借入れた時の金利が変わることがありません。変動金利型は、金融情勢が変わば金利も変ります。そして、固定金利選択型を選ぶと、固定金利を一定の期間、選択することができます。これらが、それぞれの特徴です。

3つ全てに、メリットとデメリットがあります。審査が通り、住宅ローンを組むことになったら、これらのうちどれかを選択して、契約することになると思います。なかなか難しい選択だと思いますが、良く考えて決めるようにして下さい。

-ローン審査 ローン金利/ローン計算 ローン返済シミュレーション

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.