オリックス銀行カードローン

オリックス銀行の主な金融商品

投稿日:

eダイレクト預金とダイレクト預金

オリックス銀行では数々の金融商品があります。金融と聞くと人によってはアレルギー反応を起こす方、または詳しくよく分からない方もいると思いま す。確かに分かりにくい部分もあります。しかし、1度理解しておけば、実は難しくないことも意外とあるのです。ここからはオリックス銀行の主な金融商品に ついて説明をしていきます。まずはeダイレクト預金とダイレクト預金について説明します。

 

まず共通しているところについては、普通預金と定期預金の2つがあることです。そしてどちらの場合でも店舗や支店、ATMなどは持っていません。そ のため、キャッシュカードや通帳もありません。基本的にはネット上での取引が中心となるのです。そのため、店舗やATMがないため、設備費用や人件費など が抑えられ、その分金利が他の銀行よりも上乗せされているのです。また、口座維持にかかる費用もかかりません。そのため高い金利を目的として預金を行いた い場合には向いている預金方法です。

 

では、この2つの大きな違いというのは、どういったところなのでしょうか?それは取引の方法です。eダイレクト預金はすべてにおいてインターネット 上での取引になります。しかし、インターネットが不得意な方ももちろんいます。そのような方に向いているのがダイレクト預金になります。電話や郵送での取 引によりできるようになっています。ただし、その手間がかかるため、eダイレクト預金に比べてダイレクト預金は金利が低くなっているのです。

eダイレクト金銭信託

もし、あなたが信託に関して少しでも興味や関心がありましたら、ここに書かれている内容を読んでもらえればと思います。おそらくオリックス銀行に関 して興味を持って、このページを見ている方であれば、何かしらの投資や金融関係のサービスや商品に関心がある方だと思います。他の銀行でも信託はしている ところはいくつかあります。とはいっても信託のことはよく分からない、どこの信託を使おうか迷われている方がいましたら、ここを参考にしてください。

 

オリックス銀行ではeダイレクト金銭信託というサービスをしています。信託というのは投資に関して同意をいただいた方を集めて、その資金を株式など の投資に回して、最終的には配当を払う仕組みになっています。オリックス銀行のeダイレクト金銭信託は、おもにインターネット上での取引になります。その インターネットというメリットを生かして、24時間いつでも好きなときに申し込みをすることができます。

 

そして気になる、預けたお金の貸し付けですが、格付けでBBB-以上の企業に投資をします。また、投資先の企業はさらに厳正な審査の元、上場企業へ 貸し付けを行っています。また、費用に関しては申し込みにかかる手数料、そして途中での解約費用はかかりません。そのため、安心して信託をすることはでき ます。ただし、リスクはつきものです。必ず自己責任の元、そのリスクを承知したうえでオリックス銀行に信託を行うことを強くオススメします。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行で行っている主な商品やサービスに関しては、預金、金銭信託、そしてローンになります。そして、ここからはローンのことについて各金 融商品を簡単に説明をしていきます。ローンと聞いてあなたはどのようなイメージを持たれているでしょうか?今までローンの経験がなかったら、少し不安に思 われる方もいるかもしれません。

 

しかし、今は金融関係も昔に比べてサービスの面においてもよくなってきています。そのため計画的にローンを利用すれば、安心してあなたにあったローンを選択することができます。では、オリックス銀行ではどのようなローンがあるのでしょうか?

 

その1つにカードローンがあります。預金の場合にはキャッシュカードや通帳などは用意されません。しかし、このカーロローンに関しては、申し込み後にカードが発行されるのです。そして他の銀行でも、またそれ以外の金融会社でもローンのサービスがあります。

 

では、オリックス銀行のローンで特徴的なところといったら、どのようなことでしょうか?その1つに融資額が最高800万円であることです。これは他 のところと比べても融資額は非常に高いのが特徴です。ただし、融資額の金額は、そのローンを申し込んだ方の収入に応じて、最高額は決まります。また、希望 の金額以上に融資額が大きい場合ももちろんあります。だからといって、必要以上に借りてしまいますと、返済の機関が長くなる、また月々の返済額も大きくな りますので、ローンを組む前に必ず返済の計画を立ててください。

不動産投資ローン

ローンと聞くと、おそらくは他のイメージや連想をする方がいると思います。それはローンの頭にいろいろな言葉を浮かべるのではないでしょうか?例え ば住宅ローンや自動車ローン、お子さんをお持ちの方でしたら、教育ローンなどがあると思います。どちらかというとローンというのは、自分が欲しいものがあ るけれど、お金がかかるものに対して使う方が多いと思います。そのためローンは支払うものとイメージされているのではないでしょうか?

 

しかし、オリックス銀行というのは支払いのためだけではなく、投資目的のローンも用意されているのです。それが不動産投資ローンになるのです。つま り、お金を運用して利益を確保するためにも使うことができるのです。そしてその投資をするためにローンを組んで借り入れをするという方法です。その借り入 れの金額も不動産投資の種類によって変わってきます。また、借り入れ対象の不動産に関してはアパートのアパートローンと、マンションや一戸建て住宅用の投 資用セカンドローンなどがあります。また、借り入れができる金額に関しては、アパートが1000万円以上、投資用セカンドローンが500万円以上となって います。また、借り入れ対象の不動産や物件の地域に関しては、首都圏や近畿圏、他には名古屋市や福岡市に現時点では限ります。オリックス銀行は投資を専門 とした銀行になりますので、困ったこと、不安なことがあれば相談できるのもメリットの1つです。

不動産活用ローン・住宅ローン

不動産というと、どちらかというと前持って用意をしておく、自分で新たに買うというイメージが強いと思います。不動産投資をしたいけど新しく買うの には抵抗がある、という方もいらっしゃると思います。しかし、そのようなことをしなくても今持っている不動産を活用することができるのです。例えば、自宅 の不動産を担保として、他の不動産を買うこともできるのです。または将来の老後の不安を解消するために、同様に不動産を活用して老後の資金として貯蓄する という方法もあります。オリックス銀行では、そのような方のために、不動産活用ローンというのを用意しています。これらを活用すれば、あなたにあった投資 方法で行うことができるのです。

 

しかし、自分は投資ではなく、新しくマイホームを購入したい、マンションを購入したい、という方もいらっしゃると思います。オリックス銀行は投資を 中心とした銀行ではありますが、融資に関しても行っているのです。その申し込みに関しては、インターネットからの申し込みだけで行うことはできません。オ リックス銀行の専用窓口まで1度電話にて連絡をする必要はあります。また、すでに住宅ローンを払っているけど、今のローン先は金利が高く、他より安いとこ ろがあるから乗り換えたい、という方もきっといると思います。その場合にも住宅ローンの借り換えができるのです。もし、オリックス銀行から借り入れた方が 安い場合には、借り換えも可能になっています。

法人向けの金融商品

銀行を主に必要としている人というのは、どういう人でしょうか?まずは私たち個人ですね。日々の生活の中で銀行はよく使っています。例えば給料や給 与の振り込み、水道光熱費の支払い、またはクレジットカードの自動引き落としなど、なくてはならない存在になっています。また、結婚などをして新しくマイ ホームを建てたい、という場合には住宅ローンを組むことになります。その際にお世話になるのは銀行になりますね。そしてそれ以外にも銀行のお世話になって いるところがあります。それが会社や企業などの法人になるわけです。では、法人向けの金融商品というのはオリックス銀行にあるのでしょうか?

 

この答えに関しては法人向けの金融商品は用意されています。個人向けの預金サービスに、eダイレクト預金というのが用意されています。そして法人に も同様のサービスが用意されています。また、法人の場合には個人と比べて、資産や資金も多く持っています。ただ、持っているだけでは、何もそこから価値を 生み出しません。そのため、大口定期預金というのも法人向けに用意されています。オリックス銀行は他の銀行と比べて金利が非常に高いため、たくさん資産や 資金があればとても有利になります。また、それ以外にも個人でもある金銭信託も用意されています。他には地域は一部に限られてしまいますが、資金調達のた めの提案やプランニングなども行っています。このようにオリックス銀行は個人だけではなく、法人向けにも幅広くサービスを展開しているのです。

-オリックス銀行カードローン

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.