オリックス銀行カードローン

オリックス銀行と各銀行とのカードローンの比較

投稿日:

楽天銀行との比較

楽天と聞くと、あなたはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?おそらくこれを見られている方はネットを普通に使っている方だと思います。そのため、楽天も使われた方もいるかもしれませんね。

 

楽天といったらやはり、ショッピングモールを思い浮かべる方が多いと思います。つまり、通販の総合サイトですね。そのため、そちらのイメージがとて も強く、他は何をしているか詳しく分からない方も多いと思います。その1つに楽天銀行があります。以前ですとイーバンク銀行という名前で呼ばれていまし た。そして今は統合して楽天銀行になりました。そして、他には楽天銀行のローンサービスです。これも銀行だからこそできるサービスともいえますね。楽天銀 行の場合には、楽天そのもののサービスが使えるのがメリットです。例えば入会すると楽天のポイントが付くサービスがあります。もし、ポイントを活用したい という場合には、楽天銀行を使うメリットはあります。

 

しかし、楽天銀行の場合には、ローンができる最大の限度額が500万円までです。どちらかというとちょっとした利用を目的としています。そのため住 宅ローンなど1000万円単位の大きな金額には使用することができません。オリックス銀行のカードローンの場合には最大で800万円までとなっています。 もし、住宅ローンなどを使いたい場合には、オリックス銀行では住宅ローンの金融商品もあります。そのため、1000万円単位の融資も可能になっています。

住信SBIネット銀行との比較

住信SBIネット銀行の魅力というのはどのようなところがあるのでしょうか?その1つとしては、インターネットでの申し込みが可能ということです。 また、申し込みの際には来店が不要というのも大きなメリットともいえます。これは銀行名から見ても分かるように、ネットと入っているだけあって、インター ネットからの申し込みや取引などのサービスにとても力を入れています。

 

また、住信SBIネット銀行はネットで利用する方からの人気や評判も高いのも魅力の1つといえます。これは店舗や支店、専用のATMを持っていない オリックス銀行とも似ているところがあります。そのような意味では2つの銀行ともインターネットの利用を中心とした取引をすることになるのです。では、 カードローンに関してはどうでしょうか?

 

住信SBIネット銀行でもカードローンを 持っています。目的別のローン、そして目的が決まっていないフリーローンなどが用意されています。住信SBIネット銀行では、目的別に応じたカードローン として、ブライダルや引っ越し、旅行、そして家具や家電など、その人の生活に密着した金融商品が用意されています。では、オリックス銀行のカードローンは どうなのでしょうか?こちらに関しては、特に目的別のカードローンは用意されていません。そのため自由な使い方ができるのがオリックス銀行のカードローン になります。そして、最高で800万円までローンができるのもオリックス銀行の特徴ともいえるのです。

三菱UFJ銀行との比較

銀行系のカードローンの特徴としては、融資額が比較的大きいということがあります。また、銀行というのは日々お世話になるところになります。そのた め、今後の利用を考えて、カードローンをするところも選ぶことを視野に入れておくことも1つの方法ですね。都市銀行で有名な銀行の1つといったら、どのよ うなところでしょうか?これは、いくつかありますが、三菱UFJ銀行もその1つの銀行といえます。では、カードローンを選ぶときに、オリックス銀行と 三菱東京UFJ銀行では、どのような違いがあるのでしょうか?

 

まず、共通しているところに関しては、カードローンをするのに銀行口座がなくても使用できる、ということです。本来であれば銀行口座が必要になるところが多いですが、この2つに関しては必要ありません。そして気になる三菱UFJ銀行のカードローンの最高利用額ですが、これは最高で500万円までとなっています。オリックス銀行は800万円までですので、それと比べると少し低めになります。

 

また、三菱UFJ銀行は都市銀行になりますので、首都圏を中心とした利用になります。もちろん、他の地域でも使用することはできます。しかし、 三菱UFJ銀行の支店数は首都圏と比べるとどうしても少なくなってしまいます。そのため、返済のことを考えて地方に住んでいる方は、オリックス銀行の カードローンを使用することをオススメします。そうすれば全国のコンビニなどにあるATMから、お金の入出金などができるようになっているからです。

みずほ銀行との比較

みずほ銀行も都市銀行の1つです。都市銀行に関しては法律などで明確な規定などはなく、慣習的に昔から呼ばれています。都市銀行は約5つあります。 みずほ銀行の支店や店舗数は、約500店舗弱で、他の都市銀行に比べて真ん中ぐらいに位置づいています。そして、銀行をしていますので預金だけではなく、 今回のテーマになっているカードローンに関してもサービスを展開しています。では、みずほ銀行ではどのようなサービスを展開しているのでしょうか?

 

みずほ銀行ではカードローンを開設する際に、大きく分けて2つの方法があります。それは、みずほ銀行に口座をすでに持っている場合、または持ってい ない場合の2つの方法があります。基本的な申し込みの流れはどちらも変わりはほとんどありません。ただし、みずほ銀行に口座を持っていない場合には、その 申し込みの手間が1つだけ増えます。

 

そして、気になるカードローンの種類は目的別のローンと多目的で使用できるローンの2つから分かれています。目的別の場合には、新車ローン、教育 ローン、リフォームローンなどが用意されています。限度額に関してはそれぞれ異なっています。また、返済期間に関しても同様です。また、多目的で利用でき るローンに関しては、限度額が最高で300万円となっています。そのため少し低めの設定になっています。オリックス銀行に関しては、目的に関係なく限度額 は最高で800万円となっています。他にも住宅ローンや投資向けのローンが用意されているのが、オリックス銀行の大きな特徴となっています。

アコムとの比較

今までのカードローンの比較に関しては、銀行系を中心に説明をしてきました、ここからはキャッシングやローンを専門にしている銀行以外の金融会社を 2つ紹介していきます。その1つ目がアコムです。おそらくは、アコムを知らない人というのはいないと思います。なぜならテレビCMなどでもよく見かけます からね。銀行ではないけれど馴染みのある金融会社の1つではないでしょうか?では、オリックス銀行とはどのような違いがあるのでしょうか?

 

アコムの場合には、キャッシングやローンに特化しているということです。そのため、このサービスに関しては、得意分野ともいえるわけです。そこで1 つのウリとなっているのが、借り入れがスグにできるかを簡単に判断できるということです。また、オリックス銀行と同様にネット上からの申し込みが可能と なっています。そして、その専門分野を生かしてスピーディーな申し込みができます。

 

その1つに急ぎの方向けに、即日で支払いができるサービスを用意しています。どうしても急にお金が欲しくなったときに、急な出費が出そうになったと きに、便利なサービスになっています。アコムで貸し付け可能なカードローンに関しては最高で500万円までとなっています。そのため住宅ローンなどの 1000万円単位での融資は受けられません。オリックス銀行は最高で800万円です。カードローンとあわせて住宅ローンなども考えていましたら、オリック ス銀行を利用することをオススメします。

モビットとの比較

カードローンの方法として銀行系以外にあるキャッシングやローンを専門にしている金融会社として、モビットがあります。これもおそらくは1度は聞い たことがあると思います。また、先ほど紹介したアコムと同様にテレビCMなどでも見たことがあると思います。では、モビットはオリックス銀行と違うところ はどのようなところがあるのでしょうか?

 

モビットもローンやキャッシングを専門にしているため、融資を受けられるまでスピードが早いというメリットがあります。これは、アコムと同様に急ぎ の場合には、即日申し込みをして、当日にお金を借りることも可能となっています。ただし、その場合には電話での対応となります。対応時間に関しても決めら れていますので、注意が必要です。それ以外であれば、オリックス銀行と同様にインターネットからの申し込みができるようになっています。

 

そしてカードローンの利用限度額は最高で500万円までとなっています。これはアコムと同様になっています。オリックス銀行は800万円ですから、 それよりも少ないということになります。そのため住宅ローンなどのようにたくさんのお金を借りて、長期間で返済する場合には、アコムと同様に向いていませ ん。また、今後一般のカードローンだけではなく、住宅ローンや投資を考えているならば、長期的に見てオリックス銀行をオススメします。オリックス銀行を使 用するか、他の銀行などを使用するかは、あなたの使用方法や目的に応じて選択してください。

銀行系と非銀行系のローンの違い

カードローンやその他キャッシングができるところは、たくさんあります。では、どのようなところでできるのでしょうか?これは大きく分けて2つにな ります。まずは銀行系のところです。銀行系は預金以外にも投資向けの金融商品も扱っています。また、ローンやキャッシングなどの融資に関しても行っていま す。融資に関しては個人向けと法人向けなどが用意されているところが多くあります。

 

次に非銀行系のところがあります。別の表現ではノンバンクなどといいます。このノンバンクは基本的に銀行のような預金サービスは取り扱っていませ ん。どちらかといいますと、ローンやキャッシングなどのように、融資を専門にしているところです。そのため、融資に関して特化できますので、サービスの質 やきめ細やかさに関しては、銀行のローンと同等またはそれ以上のところも実際にあります。

 

しかし、住宅ローンなど多額の資金の融資が必要になる場合、ノンバンクに関してはどうしても不利になります。やはり預金サービスをしている銀行系の 方が資金も豊富にありますので、こちらが有利になります。また、法律によりノンバンクは総量規制というのに該当します。この総量規制というのは、収入の3 分の1までしか、融資ができません。銀行系では、その総量規制の対象外となっているため、ノンバンクに比べて融資してもらえる金額が大きい場合がほとんど です。もし、住宅ローンなど多額のローンをする場合には、オリックス銀行を含む銀行系を利用することをオススメします。

-オリックス銀行カードローン

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.