みずほ銀行とカードローン

みずほ銀行のカードローンについて

投稿日:

カードローンの概要

みずほ銀行ではさまざまな金融サービスを提供していますが、その中でもカードローンと呼ばれるローンについてはカードを利用することによって便利にお金の借り入れができるようになっており、金利についても他の金融機関が提供しているカードローンの金利よりも相対的に低くなっています。

カードローンは個人向けの小口融資の中では最も多く利用されているローンの一つになっていますが、基本的にフリーローンと言う形のローンになるので利用する目的によらず利用することができるのも多くの人が利用している理由の一つになっています。

みずほ銀行に限らず多くの金融で主力の金融サービスになっていますが、カードローンは専用のカードを利用することによって簡単に借り入れや返済をすることができるようになっています。

カードローンは便利な反面、自分で借り入れや返済するタイミングなどを決めることができるようになっているので計画性をきちんと持って利用しないといつまでも借金が減らないような状態が続いてしまい、気付いた時には債務整理が必要になっているようなこともあります。

みずほ銀行でカードローンの申し込みを検討している場合はどのような用途でお金を使おうとしているか明確にすることが大切です。

また、借りたお金にはどれくらいの金利が必要になって完済までにはどれくらいの時間を要することになるのかということをきちんと明確化させないとスムーズに返済することはできません。

カードローンの対象

みずほ銀行のカードローンを利用する場合は成人していれば申し込みをすることができるようになっていますが、上限年齢については66歳までになっているのでこの年齢の範囲外にあたる人は利用することができません。

また、誰でも申し込みをすればお金を借りることができるわけはなくみずほ銀行が設けている審査基準に合ってないと申し込みをすることはできませんが、基本的に安定した収入というのは条件になってくるので収入が全くない人だと申し込みをしてもお金を借りることはできません。

さらに担保や保証人などは不要でお金を借りることができる代わりに保障会社と呼ばれる会社の審査を受ける必要がありますが、きちんと保障を受けることができないと判断される場合はみずほ銀行の審査にクリアしてもお金を借りることはできないので注意する必要があります。

また、カードローンはカードを使用してお金の借り入れや返済をすることができるものですが、一度利用してしまうとその利便性から不要な借り入れをしてしまうことがあります。

それによって金融機関との間でトラブルが起こってしまうような事例もいくつかありますが、そうならないためにもきちんと借金管理をすることが重要でみずほ銀行のカードローンを利用することができるようになった場合は借金リスクについてきちんと考える必要があります。

また、借りる場合はきちんと目的を持つことも大切で目的に応じた借り入れを心がけるようにしましょう。

みずほ銀行でカードローンを利用する流れ

みずほ銀行のカードローンは低金利で人気を集めていますが、特に長期的な借り入れになってくるとそれだけ金利の支払いについても増えることになるので、金銭的な負担はさらに大きくなってしまうことが考えられます。

その点で考えると低い金利でお金を借りることができるのは非常にメリットな部分になってきますが、誰でも利用することができるわけではなく申し込み基準に達している人ではないと利用することができないという点には注意が必要です。

みずほ銀行のカードローンを利用する流れとしてはパソコンや電話などを通じて簡単に申し込みをすることができるようになっていますが、仕事が忙しい人でもインターネットを使うことで24時間いつでも申し込みができるのも魅力です。

また、申し込みをした場合にみずほ銀行で口座の開設をしている場合は即日での利用が可能になるのですぐにお金が必要になったという場合でもお金の借り入れをすることができますが、口座を所有してなくてもその日に審査の回答をしてもらうことが可能になります。

ちなみに200万円以下の借り入れであれば不要ですが、それ以上の借り入れを希望している場合は収入証明書が必要になってくるので、事前に用意しておかないと即日で借りるのが難しい場合もあります。
また、カードローンを利用する場合は計画性をきちんと持つことが大事ですが、何度もカードローンを利用して借り入れを繰り返さないようにすることも大切です。

みずほ銀行のカードローン活用方法

みずほ銀行が提供しているカードローンを利用することによってまとまったお金を借りることができますが、借りたお金については基本的に何の用途に利用しても構わないので必要に応じて柔軟に利用することができます。

また、収入によっては100万円単位でお金を借りることができる場合もありますが、それだけのお金を借りることができるなら車などの高価なものを購入することもできるため、車の購入費用に充てるという人もいるかもしれません。

しかし、車の購入であればマイカーローンなどを利用する方が金利は低く借りることができるので、カードローンを利用するよりも目的に応じたローンを利用することをおすすめします。

そのため、目的ローンに無いような用途で利用したい場合におすすめですが、みずほ銀行のカードローンは事業性用に利用することは原則として不可になっているので、事業のための資金として利用を検討している場合は事業者向けのローンを利用するようにしましょう。

一般的にみずほ銀行のカードローンが使用される用途として多いのは旅行や生活用品を購入するための資金供給のためですが、もちろんこれらの用途にカードローンを利用しても何の問題もありません。

また、みずほ銀行ではカードローンの金利が相対的に低くなっているので他の金融機関でキャッシングのサービスなどを利用している場合は借り換えローンとして利用することも可能で、返済における負担を減らすことが可能になります。

カードローンの注意点

カードローンを利用することによってまとまったお金を借りることができますが、どれくらいのお金を借りることができるかというのは収入や借り入れの状態などによっても変わってくるので、借り入れ診断などを活用して借りることができるかどうか事前にチェックしておくようにしましょう。

みずほ銀行のカードローンは金利が低いと言われている銀行の中でも特に金利が低いと言われていますが、低金利で利用することができるので借り換えローンとして利用する人も多いのが特徴になっています。

しかし、金利が低いと言ってもカードローンというローンのサービスの中での話しであるため、目的が決まっているお金の借り入れについては目的ローンを利用するメリットの方が高くなっています。

みずほ銀行のカードローンを利用する場合は基本的に使用用途は自由になっているので、自分の娯楽のために利用することも可能ですが、事業用として利用することはできないのでその点には注意して利用を進めていくようにしましょう。

ローンの種類にはいろいろあるのでカードローン以外でも場合によっては適したローンというのがあるかもしれないので、いろいろあるローンサービスを比較してみるのもよいかもしれません。

みずほ銀行のカードローンの返済については自動引き落としに対応しているためきちんと口座にお金を振り込んでおけば払い忘れてしまうということはありませんが、繰り上げ返済も可能なのでまとまったお金が入った場合は繰り上げるとよいでしょう。

賃金業法との兼ね合い

カードローンと言えば昔は消費者金融がメインで行っていた金融サービスでしたが、ここ最近になってからは銀行や信販会社などさまざまな金融機関が提供するようになっています。

みずほ銀行のようにメガバンクと呼ばれる銀行でも個人向けのカードローンを提供するようになったのが特徴ですが、賃金業法と呼ばれる法律とは違い適用されるのは銀行法と呼ばれる法律になるので、賃金業法によって運営されている消費者金融や信販会社とは少々事情が異なっています。

賃金業法が改正されたことによって年収の3分の1を超えてお金の借り入れをすることができないという総量規制が制定されましたが、これによって収入に応じたお金しか借りることができなくなりました。

しかし、みずほ銀行など銀行でお金を借りる場合は総量規制のルールに関係なくお金を借りることができるので年収3分の1という縛りを受けることなくお金を借りることができます。

そのため、まとまったお金が必要になった場合などは特にみずほ銀行のカードローン利用がメリットになってきますが、総量規制の影響を受けなくても収入による借り入れ金額は設定されているので思ったよりも借り入れができないことも考えられます。

お金を借りる場合は目的を明確化させることも大切ですが、どのような理由で借りるかということをきちんとしてないとだらだらと借り続けてしまう可能性があるのもカードローンの怖いところで肝に銘じるところでもあります。

-みずほ銀行とカードローン

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.