銀行系ニュースや金利の話題

みずほプライムエイジとは

投稿日:

以前、アパート経営のCMでしたが、ある不動産会社が、35年間その物件を一括借り上げして、物件の持ち主に35年間分の家賃収入を先払いするということを見たことがありました。 不況で、アパートの空き室が多くなり、アパート経営が難しかった時期です。 そこで不動産会社が35年間家主からアパートを借り上げ、アパ―トの入居者を探し、家賃収入を売上とするというものでした。 良い点と思われたものは、アパートの家主は入居者がいなくて、家賃収入が途絶えてしまい、アパートを建てた時のローンの決済をしなければならないという事が解消されるのではないかと思っていました。 しかし、ここ何年は、そのCMも見る事がなくなってしまい、どんな結果になったのか、気になっています。 みずほのプライムエイジというローンは、似たようなものですが、対象は一般の家庭ということです。 持家を担保として融資をするというものです。 このプライムエイジ、リバースモーゲージローンを受けられる対象となるためには、条件がかなり厳しいようです。 東京都内に一戸建ての住宅を持っており、土地の評価額が4000万以上であることなどです。 契約時の夫婦の年齢が55歳以上であり、その住宅には夫婦2人、あるいは一人で住んでいることという条件もあります。 金融資産をある程度保有しており、年金収入などの安定した収入があること、保証会社の保証が受けられること、夫婦に後継者がいることなどとなっています。 プライムエイジというシステムでは、住宅が担保となっているので毎月の返済は必要ありません。 担保となっている住宅を、売却し返済に充当するので、毎月の返済はないというものです。 そして、そのままその住宅に住み続けることができます。 表向きには、依然と全く変わらない生活ができるというところが、債務者側にとっては、安心な点と言えるでしょう。 契約時の年齢が55歳以上という点からすると、融資されたお金は、今後の為の老人ホームへの入居の資金などにする人達が多いようです。 高齢化社会へとなっているので、このようなローンの利用方法もよいのではないでしょうか。  

-銀行系ニュースや金利の話題

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.