銀行

栃木県の銀行カードローンで低金利はどこ?

更新日:

栃木県にある地方銀行のカードローン

足利銀行

足利銀行は、栃木県および栃木県内にある30もの市町において指定金融機関となっています。足利銀行カードローンには「Popスピード型」がありますが、オススメです。窓口で簡単に申込みが可能で、60分という短い時間で審査結果が得られます。加えて、そのまま借り入れが可能です。この際には運転免許証などの本人確認が必要なので、しっかり用意しておきましょう。その他、郵送をはじめ、ファックス、インターネットでも仮申込みが可能です。利用対象者は、年齢が20歳~60歳まで、足利銀行で他のカードローンを持っていない方、安定した収入のある方などとなっています。また、50万円の融資を受ける際には、年収150万円以上という条件があります。その他、10万円のものは、主婦の方でも申込み可能です。学生の方は利用不可なので、ご注意ください。限度額は10万円、30万円、50万円の3種類が用意されています。 金額は低めであり、利用も返済もじっくり行いたい方、初めてローンを利用する方におすすめです。

栃木銀行

栃木銀行のカードローンは、「とちぎんモビットネクスト」です。その名からもわかるように、ローンサービスで有名な株式会社モビットの保証が付いています。特長を見ていくと、スピード審査、24時間365日受付、来店不要、30万円~300万円まで8種類の限度額となっています。利用対象者については、20歳~65歳まで、安定した継続収入がある方、保証会社の保証が受けられる方、そして、栃木銀行の営業範囲内に居住もしくは勤務されている方となっています。限度額は30万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円の8種類が用意されています。事業性資金を除いて使いみちは自由です。また、簡易仮審査申込みについては、24時間申込み可能となっています。インターネットやファックスを利用すれば、いつでも自宅から申込みが可能というわけです。この際には、利用が可能かどうかの簡易審査を行ってもらえます。審査の結果、利用が可能となれば、そのまま電話での対応が受けられ、利用までスムーズに進みます。

みんなのカードローン体験談

車購入のために銀行のカードローンを利用しました

私は20代の男性です。
現在は会社員をしています。
先日、銀行のカードローンから200万円借りました。
これはその時の話です。

私は現在、商社に勤めています。
大学を卒業後に今の会社に入社しました。
昔からやりたかった仕事だったので、入社できた時はすごく嬉しかったです。
私の配属された部署は営業部です。
毎日、沢山の顧客に満足をしてもらうために同じ部署の人たち、または部署を飛び越えて他部署の人たちと連携して仕事をしています。
忙しくも充実した日々を過ごさせてもらっています。

そんな私の生きがいは車です。
車でいろんなところまで行きます。
大学生の頃に免許を取得し、そこからバイトをしながら中古車を購入してからが私の車人生の始まりでした。
入ってくるお金のほとんどは車にあてる程、バイト代をつぎこんでいました。
また、手に入れた中古車を改造するのも好きでした。
そのため、沢山の費用を投入してオリジナルの車で走っていました。
社会人になってもこの趣味は変わりません。
社会人になって中古車ではなく新車を購入するようになったので、よりお金がかかっています。

先日、とある車が欲しくて、そのための費用or代金を工面しようと考え、貯金や給料とにらめっこをしていました。
しかし、どう考えても工面することができず、友人に相談した結果、銀行から借りるのが良いと教えてもらいました。
ちなみに借りたいお金は200万円だったのですが、銀行であれば貸してくれる可能性があることを知ったのです。

銀行は金融機関の代表例として昔から存在しています。
消費者金融と比較すると豊富な資金力があり、審査が厳しいのが特徴です。
どうしても車が欲しい私は早速、審査を申し込みました。
申請書類に必要事項を記入し、社員証や給料明細などを提示して、審査を受けることにしました。
審査は無事に通過することができ、思っていたよりも簡単に終了してしまいました。
所要時間は申し込みを始めてから30分程度だったと思います。

私はこの借りた200万円ですぐに車を購入しに行きました。
私の生きがいでもある車にのめり込むことができて、これ以上の幸せはありません。
銀行のカードローンは素晴らしい制度なので、今後もまたお世話になろうと思います。

 

銀行のカードローンで220万円借りるうえで

私は、銀行のカードローンに日ごろからお世話になっており、前回は220万円借りたことがあります。これだけの高額な資金を借り入れるには、様々なコツが必要とされるため、ネット上の情報を積極的に取り入れることにより、審査に有利に働かせることができました。私は、自営業者として一定の収入を得ていることから、銀行のカードローンの審査にすぐに通過することができたのでよかったです。

 

銀行のカードローンの利用にあたっては、諸経費としていろいろな場面で代金・費用が発生することがありますが、各業者のサービスのプランをきちんと理解することにより、心配をせずに返済ができると考えています。220万円借りるポイントについては、私にとっても把握することが難しかったのですが、何よりも信頼と実績のある業者の審査に申し込みをすることが一番ではないかと思います。近年では、銀行のカードローンの代金・費用が安く設定されているところが首都圏内で増えてきているため、220万円借り入れたい場合にも都合が良いと思っています。

 

銀行のカードローンは、外出先であってもすぐに審査の申し込みをすることができるため、多忙な生活を過ごしている私にとって欠かすことができない存在となっています。また、もしも悩みごとがある場合には、フリーダイヤルの電話相談窓口を利用することができるため、本格的に代金・費用について見極めをしたい場合にももってこいと考えています。私は、これまでに銀行のカードローンの利用の際に、インターネット上のランキングなどを参考にしてきたのですが、優良なサービスが導入されているところを見定めるには、こうした媒体をうまく活用することがベストだと考えています。その他にも、実際に銀行のカードローンを使ったことがある人の経験談などに目を通すことにより、最近のトレンドの業者について理解をすることができるため、長期的に多くのメリットがあると考えています。

-銀行

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.