消費者ローンのフリーローン/カードローン

フリーローンについて調べてみよう

投稿日:

フリーローンの上手な活用方法
最近は、キャッシングサービスの業者が数多く登場しており、よく耳にされるかと思います。キャッシングの中でも、特に人気を集めているのがフリーローンという借り入れ方法です。フリーローンとは、目的を持たない融資のことです。別な言い方をすると、本人次第で自由に使える融資といったところです。高額融資を希望する場合は、お金を借りる際にどんな目的で利用するのか申告しなければいけません。それに比べフリーローンは字のごとく、「フリー」ですので、どんなものにも利用できます。フリーローンは、「用途が自由で自分の好きな買い物や旅行などに利用できる」「保証人が不要で誰もが安心して利用できる」というメリットを持っています。かつては、お金の借り入れをする場合は、少なくとも担保や保証人が必要でしたが、最近では一定の限度額内であれば、誰にも知られずにお金の借り入れが出来ます。知人や親類に知られずに、ローンを組みたい方には最適なサービスとして定着しています。また、審査も簡略化の傾向があり、過去に大きな延滞がない限りは、即日融資が可能になっているのも、利用者にとっては非常に大きな魅力となっているのだと思います。リボ払いが普及している現代では、ローン返済もリボ方式を採用している所もあります。毎月の返済額を一定に保つことも可能となっていますので、家計のやり繰りも軽減できるメリットもあります。しかし、フリーローンは借金ですから、手軽に利用できるとはいえ、計画性を持って利用することを心掛けましょう。
フリーローンの重要なポイント
フリーローン審査の重要なポイントとして、家電の有無、どのような会社に勤めているか、同居家族がいるか、現住所にいる年数がどれくらいかによって、キャッシング審査の通りやすさに差が出ます。携帯電話しか持っていないという人は連絡が取れなくなる可能性が高いため、審査が厳しめにされます。銀行やキャッシング会社にとって自宅の電話というのは、ローンの返済が遅れた時の大事な連絡手段ですので、フリーローンの審査では重要視されている条件です。仕事についてですが、職業、勤務先、勤続年数、年収が見られます。評価が高いのが、公務員や大企業に勤める勤続年数1年以上の人で、勤続年数が10年を超えるととても高い評価となります。逆に評価が低い人は、無職者、アルバイト、自営業者で、これに比べれば中小企業の会社員はまだ評価が高いといえます。勤続年数で1年に満たない人は評価の対象にならない場合もあります。現住所については、一つの場所に住んでいる期間が1年に満たない人は、審査の点数が辛くなることがあります。少しでも審査に通りやすい状況を作りたい場合は、住所が定まってから1年は待った方がいいでしょう。フリーローンの審査に落ちる一番の原因は、借入件数が多い場合です。借入総額が高い人よりも借入件数が多い人の方が、評価が悪い様です。連続して何社ものローンを申込みをすると適用される規定があり、その規定によってそれからはどこからも融資を受けることができなくなることもあります。

-消費者ローンのフリーローン/カードローン

Copyright© 大金を手にしたい!銀行ほか金融と投資情報の活用 , 2018 All Rights Reserved.